マンガブログ・アガルタ

アクセスカウンタ

zoom RSS 0マン・1

<<   作成日時 : 2011/07/13 23:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



「WORST」の事を書いたので、「では、何が良質なマンガ」か・・・を書いておかなくてはなりません。
まあ、色々と御座いますが、まずはこれですね巨人「手塚治虫」の大傑作「0マン」です。

私は、「少年サンデー」の創刊号から読んでおりました。この時の手塚作品は「スリル博士」でしたが、そうこうしている内に、この「0マン」の連載が開始されました。

私が「手塚治虫」の事を書き出すと、本当の意味で「長く」なってしまいますので、今回は「0マン」に絞り、それもサッと流す事にいたします。

この「0マン」は兎にも角にも物凄く完成度の高い作品であります。そして、この作品で「SFマンガ」と言うものが確立・完成されたと思っております。

全編に溢れんばかりの「人類とその未来」に対する愛情が読み取れます。

時は昭和30年台前半、日本国中がそれこそ「一丸」となってただただ、ひたすらに「未来」に向かって動いて行った、まさにその時代でした。

「高校をシメる」等と言うわけの判らない「暴力」三昧の世界とはおよそかけ離れた物語です。

ジャンルが違う云々じゃ御座いません。作者の質が違ったのです、そして担当者の質が違ったのです。

元々、誰もが「暴力的マンガ」は好きなのです。「血」の中にそう言う要素は誰もが内包しているのです。

ですから、「暴力的内容」を作品にすれば「受ける」のです。元々に「求められている」ものなのですから・・・。

でもね、だからと言ってそう言うものを「作品」にしてはいけないのです。

「戦争」「戦争」と叫んでいる内に本物の「戦争」になっちゃうのです。その時に「国」は何と言いますか、「国民が求めている」・・・ですよ。

「暴力的マンガ」を出せばある程度は受けますから「出版社」が言います「読者が求めている」・・・本当にそうでしょうかね?

だから、意味も無く「暴力マンガ」を読んでいると段々と妙な事になって来るのですな(洗脳・・・と言う事じゃなくてね)これが恐ろしいのです。「面白ければそれで良い」「売れればそれで万々歳」・・・良いのでしょうかね?

「米国」は元々が「暴力的な国家」なので、「暴力」には非常に厳しいです。

かって、「手塚治虫」自身も、あの「ウオルト・デイズニー」に「アトム(アストロボーイ)は暴力的なカーツーン(動画)」と言われた事もあります。

「暴力」はいけません。如何なる理由があろうとも「肯定」してはならないのです。

「手塚治虫」は「エロ」は良いが「暴力」「グロ」はいけない・・・。と繰り返し私達に教えてくれました。「COM」での話しです。これは別の時に書きます。

「0マン・2」へと続く・・・。まだまだ続く・・・。





続・凍りついた瞳 (YOU漫画文庫)
集英社
ささや ななえ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 続・凍りついた瞳 (YOU漫画文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【中古本】暴力の都(全12巻)漫画全巻セット【中古】
全巻漫画楽天市場店
作者:中祥人出版社:集英社版型:B6分類:状態:当店では中古本商品を比較的きれいな状態で出荷しており

楽天市場 by 【中古本】暴力の都(全12巻)漫画全巻セット【中古】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

子どもたち!?今そこにある暴力? 上
ぶんか社
曽根 富美子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 子どもたち!?今そこにある暴力? 上 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
0マン・1 マンガブログ・アガルタ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる