電人アロー

画像


一峰大二の「電人アロー」は光文社の月刊誌「少年」の終焉時を飾った作品です。

こんなモッサリとした垢抜けない絵でよくぞ生きて来れました・・・。と言いたくなるのが「一峰大二」です。この作者は、こんな不可思議なる絵で、ず~~と第一線を張っていたのです。本当に不思議ですね。

この「電人アロー」は随分と人気が有りましたです。面白かったです。これ、今でも十分に行ける・・・というよりも、今なら物凄く受ける内容です。・・・でも、「絵」が私は好きになれないですね。でも、それは別のお話ですね。

「電人アロー」はもっと評価される・・・いや、今こそ評価されるべき作品であります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック