ラル・グラド

少し前に「少年ジャンプ」でやっていたものですが、「小畑健」のマンガです。 内容は「他愛ない魔法世界物」なので、どうのこうの言うマンガではありませんが、「小畑健」・・・と言うところが実に大事なことなのですね。 ハッキリ言いましてね「小畑健」は「絵」が上手いですよ。 それも、ちょっとやそっとの上手さじゃございま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信長協奏曲

結構評判が良いマンガなので読んでみましたが・・・。まあ、「絵」は上手くないですね。人物設定が「新解釈」で受けているのですナ。 でも、こう言う「手法」は小説の中では、所謂「日常茶飯事」と言うヤツです。 まあまあのストーリーです。早い話が「タイムスリップ物」の一種です。「へ~???」と言う感じの処までは行ってませんね…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more